スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/11

良いじゃないか。逃げたって。

ずるくても、汚くても

あたしはあたしに助け船を出すことにしたんだから。


この船は、泥船かもしれないけど、
そこに楽園が見えるなら、せめて、沈むまで乗っていたいんだ。

酔っているんじゃない。
何が良いかなんて、周りが決めることじゃないもの。


こけて、擦り剥けてみないと
痛みが分からないわけじゃない。


だけど、逃げた先に広がる景色がこんなに素晴らしいなら
例え痛みを抱えてでも、見ていたいと願う。


明日に託して生きていられる時間がいつまであるか分からないし。

例えば、嵐が容赦なく船を飲み込むかもしれないし。
病があたしの躰を殺す日がいつ来たっておかしくない。

今、したいことをしているだけ。
後悔なく生きるのは悪くないもんだって、言ってた人がいたっけ。



したいことがなくなったなら、このまま船に乗って
沈むのを待ってみても悪くない。
水の音を感じながら、消えていくのも良いかもしれない。



暗くなる空を寝転びながら見て思う。
心が飲み込まれる不安は、ないわけじゃないけど
終わりが見える世界は、なんだか私をより衝動的にさせるのかもしれないな。
スポンサーサイト

めぐりあひて 見しやそれともわかぬまに

明日からは仕事です。
きっと明後日も同じように仕事。
し明後日も。

でも、その次はお休み。
お盆。

特別な事のように思えても
これまた、長い目で見れば、一つのサイクルでしかないのよね。

来年、また、わたしがここに入れば
同じではないにしろ、近しい感情でもって
この時を迎え入れるのでしょう。




変わっていくものと
変わらないものとが在って

それも、目に見えて変わっていくものと
見えないけれど変わってしまったものと

目に見えて変わらないものと
見えないけれど変わらないものとが在るんだと


信じ難くても どうしようもなく変わらない
人の世の常なのか、このどろどろしたもの達と共に在る世界。

そして、きらきらひかる、美しい者たち。歴史という絶対的な時間が生み出した産物。
人が人として在るもの。主観、個性、感情。
たくさんの同じものたちから生まれる違うもの。

何かに埋もれるように、普段のすさんだ心では
なかなか映し出されない景色。


信じたくなくて、目を塞いでも
否が応でも、気づいてしまう変化
心、感情。

わたしの中の小宇宙の心模様で
赤にも黒にもなる世界。
ここに在るものをどうしたらいいのだろう?


人の世の常。
あきらめの言葉。
でも、どうしようもない。

でも、でも、・・・
打ち消すのはその先に希望がないからなのか、
夢見ることが怖いからなのか
わたしの心が弱いからなのか。

何かに没頭していれば
私らしく居られるのか、と思ってみても
没頭なんてのは、今のわたしにはとても恐ろしいことのように思える。


没頭している誰かの背中をそっと押してあげるくらいの
そんな、距離感が良いと思う。

わたしはどこまでもわたしで
ここから走る光や、未来は、限りなく数あって

それは、どこまでも、ずっと失われない希望。



太陽が東から西へ上るのと同じとは言わないけれど
時間や環境や人間が何百年と巡り巡っても
人が人であるように

歌が昔から歌であるように
愛がいつまでも消えずに愛であるように
いつまでも変わらない宇宙の法則。

反対に、
何かが生まれて
またふっと消えてしまって
そんな星屑のような
宇宙の渦の中の塵のようなわたし。

この気持ちごと、
流されて、どこまでも回り続けるのかと思うと

なんだか、悟りワードを連呼したくなるのです。




だから、少しでもこの渦から抜け出したい。
まずは外に出て。
いつもとは違う街を歩いてみよう。
そしたら、移ろう景色も違って見えるはずだから。

その次は、誰かの宇宙に触れてみたい。
出来たら、わたしが呼吸できるくらいの宇宙に触れてみたい。

そして、
「あーわたしも君も同じだね。」と、
言葉なくとも、空気で感じて分かりあいたい。
ただ、ただ、そう感じてみたいだけなのです。


ここにいるのが、誰かのためでない今だから
わたしのためと思うには、まだまだ心は弱いから

遠くの在るかもわからない星を思って旅する宇宙飛行士のように
そんな心地よい空間を探し求めているだけなのです。

複雑。

かどやんのことは好き。

でも、仮にかどやんが離婚したって
あたしはかどやんにどうこうしたりしない。



ただ、かどやんにはこうゆう不幸は似合わないなって思う。



かわいい子供がいて、
奥さんもいて、
仕事も目いっぱいがんばる、
でも、思いっきり遊べる気前の良さ

ころころ変わる表情
くっしゃくしゃになって笑うかどやん見てると安心する


そんなかどやんが好きだから
全てを肯定しているわけではないけど

それでもそんな欠点と思えるようなところも全部受け止めて、
そのまっすぐさを尊敬してるし、
いいな、気持ちいいなって思うけど


あたしの幸せと、それは同じ線上にはないんだなと
自覚した今日この頃。


好きの向かう方向が一緒だけど
でも、本当に向かう先は、今は別々だから


お互いに違ってても、なんか惹かれるところがあるのかな。


思いすごしなら・・・いいな・・・


あ、当然ながら、不倫とか、そーゆーいけない事してるわけじゃないですよ。
ちょっと不安を吐き出してみただけ。

いい匂いってついて行きたくなる。

昔好きだった人と同じ香水と出会うと
妙に切なくて、目で追ってしまうイタイOLの私です。

その上、
余裕で体調不良な私。胃は一週間たっても消えたり、痛みだしたり、
なかなか消え去ってくれません。

でも、胃の調子は休日になると落ち着く。
心が締め付けられて苦しくなることはないよ。
大丈夫。


昨日のこと。
大好きな会社の先輩、かどやん(妻子持ち)から
「あ、何か今日イイ匂いする」と言われますた。

ハンドクリームがバラのかほりなの。
JILLのやつ。
たむそんからもらったハンドクリーム。

かくいう、かどやんもいい匂いがするんだよね。
香水と、タバコの匂い。
汗っかきなのに、汗が臭わない不思議。


お休み中に一回遊んでもらったときは
さりげなく、なっちゃんて呼んでくれたの。


フヒヒ。
ニヤニヤが止まらないアホなあたし。
かどやんに会いに毎日会社に行ってると言っても過言ではナイのだ。

別に不倫願望はないけどサ。

ぎゅってしてくんないかなーかどやん。



むーん。

卑屈とネガティブはぶっさいくだ。
あたしは、笑わなきゃ。

一人でも、たとえ、あの人が味方じゃなくなっても。



くっそー
早く、次を見つけなきゃなー



          *・*・*・ 大好きだから ずっと
                     何にも心配いらないわ
                        my darling stay gold
                            無邪気に笑ってくださいな
                                  いつまでも… *・*・*

あたしの今の頭ん中=ぐちゃぐちゃ

最近、楽しい事ないや。
幸せじゃない。


誰かといたいけど、
何かそれでも一人を感じる。アホみたいだけど、すんごく淋しい。

一日中、何してても、どこにいても、あたしは一人ぼっちだもん。


考えるほど、
あんまり素敵な言葉が湧いてこないし、、
そんなあたしは嫌だって意地張るから、こーなるんだ。


それでも、
絶対、嫌。


あたしは絶対泣いたりしない。
どこまでも強がりたい。



うーん。
楽しくないな。
つまらない。


あたしは欲張りで甘えん坊。
誰かが見ていてくれなきゃ頑張れない。


ずっと眠ってたい。

実際仕事中よく寝るんだけど。

眠っていたら、一人でいることを忘れるから。
淋しくないし、何かあったかいし。


だけど今日もあまり眠れそうにない。

なぜに?

電車が人身事故の為遅れてるから。

あたしのわがままのせいかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。