スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星とたんぽぽ

青いお空のそこふかく

海のこいしのそのように

夜がくるまでしずんでる

昼のお星は目に見えぬ



見えぬけれどもあるんだよ

見えぬものでもあるんだよ


ちってすがれたたんぽぽの

かわらのすきにだァまって

春のくるまでかくれてる

つよいその根はめにみえぬ



見えぬけれどもあるんだよ

見えぬものでもあるんだよ



童謡詩人、金子みすゞさんの詩。

全部覚えてる

とっても優しい詩。
昔はよく分からなかったけど、
何か今更すきだなぁって思う。





あたしの心の色は
小さい頃に何度も暗唱させられた
彼女の詩がもたらした影響がかなり大きいと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。