スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

base of melancholy

時がたつのを忘れてた。
そんな4時間だった気がする。


いつもはどこかで清春さんを見ることに必死になってる私の意識が
今日は完全に彼の歌に向いてて、
気がついたら涙腺崩壊。


ほんとに、今でもまぶたの奥が熱いよ。


ずっとこみ上げてくるものをこらえられなかったです。



本当なら800人入る会場に、300人ほどで
ゆっくり流れていく曲と時間が妙に心地よくて

詩とあたしの思念とが
いいペースを保ちながら漂っている感じがしました。
本当に、こんなに響いたライブは初めてかもしれない。
3月の新宿のときとは比べ物にならないくらい完成してるこの空間。


どうして人は歌を歌うのか
どうして、詩は人の心を溶かすのか



なんだか、わかった気がした。



文章キモいけど、
こうゆうのは記憶が新しいうちに
残しておきたいから。


もう、いいや。


とりあえず今日のset listをば。




☆llyriclist☆
01 防人の詩
02 白と黒
03 untiltle
04 silhouette
05 空白ノ世界
06 輪廻
07 空
08 深い海
09 蝶
10 dance
11 暗いくちづけ
12 退廃ギャラリー
13 lyrical
14 pledge
15 untitle
16 loved
17 melodies
18 至上のゆりかご


Encore

01 the end
02 君の事が
03 adore
04 楽園
05 ボヘミアン
06 HORIZON






曲聞いたことある人しかわからないと思うけど、
あたしの涙腺が特にダメージを受けたのは

防人の詩tとdance、そして至上のゆりかご


自分でもdanceがあんなに心に響くのが意外でした。
ドラムとベースがないってだけで
あんなに雰囲気変わるもんなんだ・・・
チェロがまたいい感じだったよ。



なんだろう?
この3曲のときは特にひどくて
清春さんが歌い終わるまで涙がずっと止まんなかった。


あーあたしこの人に出会えて本当によかったなぁ。
あたしが仕事を選ぶ時、
“表現”ってのにやたらこだわってたのは
この人の存在があったのかもなぁ・・・

どこまで引っ張るんだって感じだけどww




でも、こんなに泣いてても
最後は必ず笑って帰してくれる
清春さんが大好き!!!


ほんとに、大好き。

ライブMCネタww











以下、長いので追記にて。

すべては音楽から生まれるのだと思います。


誰かが言いました


詩は人が作り出した文化の極みだって。



人の心や感情は、口に出して、言葉になおすよりも
音楽に乗せたほうがよっぽど素直だもの。


さまざまな旋律がそれぞれの心に響いて
生まれてる熱いものは
科学なんかじゃ測れない


一様に表現できない感情だってあるはずだもん


誰にもわかってもらえないような
人の概念では括れないような

そんな感情だってあるはず

文脈も、たいした根拠もないような
曖昧な気持ちだってあるし
それが弱いとは思いません



だから、もどかしい
姿かたちのないものだから

だけど、見えないけれど、確かにここにあるものだから
伝えたいと思うし、形を帯びたものにしたいと思う

詩ってそーゆーもんじゃないのかな?



と、キモいけど本当にそう思った。
そして、また全体として意味不明な感じがするけど
今日はあえてこのままで。
誤字脱字も多分たくさんあるはず。ごめんなさい。



しっかし、
本当に感動しっぱなしの夜ですた♪
そして、今。
あえなくネカフェwwwww


スポンサーサイト

コメント

No title

,おつかれー。
ほんと、巡礼だね!
涙が流れるほどの清春SONGマジック・・・すごいなー。

って、しみじみと読んでいたら結局ネカフェかいなwww
また行こうZE←

お返事♪

☆たみぃ
うん、まいってきたぜ!!
名古屋らしいことは何にもできなかったから
天むすだけ買って食べてみたww

今度の京都、一緒に行けるのほんとに楽しみになったよー!!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。