スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新、更新っと。

あたしが
田舎で生まれなかったら
電車の中で本を読みまくって
図書館に通うのが大好きな文学少女になってたと思います。

いや、むしろ願望かな?
もっと早く本を読むことの楽しさに出会いたかったなぁーと。
人格変わってきそうだけど!


昔は本を読むより
校庭で遊びまわる方が好きな子だったし。
中学校まではリレー選手やったんだからっ!信じられる?


移動はというと
徒歩か自転車。
たまーに車でお迎え。

だから、わざわざ本をゆっくり読もうなんて思える時間なかったもんなぁー
夏休みの宿題でイヤイヤ読んでたくらい
んんーもったいない!!



最近は専ら
本は電車の中で読むか、
寝る前にベッドに転がって読むのが好きです。

本って素敵だねー
何か自分の生きてきた人生が広がるみたいな感じ。
いっぱいいろんな人に出会える感じもします。


そして、恩田陸さま。
素敵過ぎたわ。
「ユージニア」も「夜のピクニック」 ←半年くらい前に買ったのに、やっと読んだという
良すぎたので、また彼女の作品を読みたいと感じました。


彼女の書くお話は何か不思議です。


本を開いたら
すーっと溶けるような感じがしました。

溶けて、あたしもフィクションの一部のような
傍観者になってるような

そーんな感じ。
スポンサーサイト

コメント

「ユージニア」
ケンイチが角川のキャラクターだから、本馬鹿みたいにかってたんだけど(笑)
それも読んだなあ・・
でもどんな話か忘れちゃったなあ・・・
意味ないなあ・・・

orz

お返事♪

☆たみぃ
意味ないことはないよ!!!!!
だって、たむちょんのケンイチへの愛が本という目に見える形で残っているんだから(´∀`)!!


・・・・




(´・ω・`)?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。