スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KYOTOKYO

Vocaloidを調教できるんなら、いつか自分で歌作って歌わせてみたい。

歌わせるなら、やっぱ、リンがいいなって思う。








「ブチャラティのあの名シーンを思い浮かべて、歌います。」

<下書き>

願いはいつまでも
遠く果てない
あの日からずっと忘れていない


掴めないものばかり
欲しがる子供
綺麗で優しい世界


いつからか
閉じていた心が音を立て
静かに死んでいく


綺麗な景色の影を見て
暗闇の中で華麗に舞う僕を
誰かが見つけてくれると信じて


安らかな終わりなら
きっと要らない

すぐ届く夢なら
無くたってかまわない

ここにある
吐き気を催すほどの邪悪が
今日も誰かを泣かせているのに

僕は何をしているんだろう
僕は何をしていたんだろう??


立場だけの正義なんて何の意味も無いから

だから

この暗い暗い漆黒の闇の世界で
僕は光を目指す悪になろう

何も守れない正義を信じて
大切なものを失うなら

光が当たらなくても
疎まれても

自分が正しいと思うことを信じる

この道を歩く


風が何かを切って吹いてるなら
この心を切り裂いて 開いて


何が見える?
ここには何かがある?


思い描く理想が
現実を見ていないような
掛け離れた
甘い甘い夢の中


誰かが造った手の中の夢でも
今はまだ見続けたいから

歯車でも
数ある駒の一つでも

こうして走り続ける
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。